気になる評判の日本財託|不動産投資を行う人に人気の会社

婦人

賃貸住宅入居時の保証制度

女の人

対象世帯と保証の対象とは

家賃債務保証とは、子育て世帯や障害者世帯、高齢者世帯、そして、外国人世帯が賃貸住宅に入居する際の支援をする制度です。発生する賃貸債務などを保証、そして財団が連帯保証人の役割を担い、賃貸住宅に入居することを支援するための制度を家賃債務保証と言います。家賃債務保証の制度対象となっている住宅は、財団と制度利用の基本約定を締結している賃貸住宅です。制度対象となる世帯は上記に記載しましたが、具体的には以下のような条件があります。子育て世帯の場合、18歳未満で扶養義務を要する子どもが同居していて、収入階層が50%未満である時に制度対象となります。障害者世帯の場合、身体障害1〜6級や精神障害1〜3級、もしくは知的障害は精神障害に準ずる条件があります。高齢者世帯である場合、60歳以上であれば制度対象になります。60歳未満でも、要介護の状態であったり要支援認定を受けているなら制度の対象です。同居している人がいる時には同居者の年齢や状態も関係し、60歳以上の親族、要介護又は要支援認定を受けている60歳未満の親族、配偶者が同居人であれば家賃債務保証を受けられます。この家賃債務保証の制度は、これまで容易に賃貸物件の契約を結ぶことが難しかった人たちにメリットがあるだけでなく、貸し手側である賃貸物件のオーナーにもメリットがあります。特に空室に悩まされていたオーナーにとってのメリットは大きいものです。なぜなら、家賃債務保証会社との契約を条件にして入居者を募集すれば、空室率を低くさせる事ができるからです。